みづくくる 一六八 十 一六八  【HIROYA to IROHA】

絞り染色作家藤井裕也ブログ【みづくくる~ひろやといろは】。 水くくる=絞り染めの意。一六八=ひろやと物事のいろはを掛け合わせ題しました。 一六八十一六八は『いろは十色は・ひろや都いろは・色やとひろや・いちろひらくたりいろひらく』とも読みます。

16)バタバタ。

GW突入しましたね。
休みらしく本日は比叡山登山に。
美しい新緑の中、山藤から椿、色とりどりの躑躅(つつじ)が美しく咲き誇ってました。
2月の鞍馬山登山以来の久しぶりの山。体力強化も兼ねて回数増やしたいものですね。

4/30のブログ更新はお休みさせていただきました。一部オフィス仕事が追いついておりませんので休み中ぼちぼちこなします。
というわけで第16稿の更新です。

GW前には熊谷の展示会の後アトリエの制作仕事からのファッションカンタータ最終の作り込み、
9月八代亜紀絵画展・特別企画として父の40周年のジョイント併設展における豊橋の百貨店様の打ち合わせ、
10日から始まる東京ミリオンアートスペースでの熊本地震緊急チャリティー作品展のチラシ作成のフォーマット化の各種お手伝い、
そしてファッションカンタータの取材、姫路の展示会の出荷などバタバタ。
ブログどころではありませんでした。一部楽しみにお待ちくださっていた方はごめんなさい(^_^;)

ところでファッションカンタータのご取材。作品自体は半年間練りに練って積み重ねて来ましたので楽しみにしていただければと思います!
撮影自体は正直慣れておりませんので自信なしです。今回テーマがKinemaですからアールデコ調などアメリカからスタートした映画史の時代背景、華やかなりし古き良き時代にこだわっております。
ぼちぼちと友人、知人、お客様から当選したよ!あかんかったみたい?!などの連絡があり雰囲気出て来ました。ドキドキものですね☺️


⬆︎
1924年(大正13年)米國エルジン製の懐中時計を手にしてみたりと、キネトスコープの本場の空気感を僕なりに肌感覚で感じ落とし込むなりする中、京都映画史も当然ながら勉強しました。
詳細はShow当日まで控えますが、作者が何を考えているかぐらい語ってもここでは大丈夫かなと思いますので綴ってみました。

https://www.facebook.com/FashionCantata/posts/960534397378677
⬆︎
こちらはファッションカンタータ公式Facebookページに公開されたご取材風景。
私とろうけつ染の丹下雄介先生のご取材でした。

ところで5月は展示会もたくさんお受けしております。

5/7〜9、5/13〜15 の2会場を関西、5/26〜29 東京で1会場。それぞれ異なるお取引先さま。

関西の展示会の合い間を縫ってファッションカンタータの最終仕上げ➡︎打ち合わせ➡︎納品があり、リハを経て5/21の本番当日を迎えます。

明日はGWの旗日以外の大切な仕事の日。
やりきらなきゃいけないことばかり。
朝から気合い入れます。

次回の更新は5/5までに!宜しくお願いします。